0120-

MIRAI法とは

満足度で選ぶなら、親和クリニックの自毛植毛

自毛植毛の「駆け込み寺」となっている親和クリニック

他院で自毛植毛をしても「思っていた状態ではない」と、悲しみを抱えた患者様が
多くご来院、当クリニックのメニューを受け、「満足」を手に入れられています。

満足度で選ぶなら、親和クリニック名古屋院のMIRAI法

メスを使わないから痛くない、腫れない 国内最小0.63mmの移植ホールで高密度植毛 国内トップの症例数を持つドクターが担当

メスを使用しない自毛植毛法:FUE式は、従来の皮膚ごと移植毛を採取するFUSS式より、
格段に患者様の負担が少なくなる術式です。
親和クリニック名古屋院でご提供する自毛植毛は、FUE式をさらに改良した、
親和クリニック独自のFUE式:MIRAI法です。


低侵襲(身体に負担の少ない)で迅速な移植 Minimum Invasive and Rapid Improve

その名の通り、親和クリニックで行っている自毛植毛:MIRAI法は、
「患者様の負担をいかに減らすか?」にこだわった、優しい治療を心掛けております。

メスを使わないので、術後の痛みや違和感がほとんどなく、
傷口を縫合する必要がないので傷痕も目立ちません。

メスを使わないから痛くない、腫れない

親和クリニック名古屋院のMIRAI法では、メスを使いません。
MIRAI法の名前には、身体への負荷を最小限にすることが盛り込まれています。
身体を傷つける部分を極力減らすことにより、術後の腫れや痛み、
違和感などを抑えることで、ダウンタイム(手術後の回復までにかかる時間)を減らします。
つまり、通常の術式より、普段通りの生活に早く戻ることができます。
もちろん、手術時の痛みだけでなく傷痕も、メスを使った手術後の縫合跡とは違い、
目立たないものになります。
小さな傷が、手術跡はカサブタとなり、自然にはがれていきます。

一生の傷を残すことになる、メスを使った自毛植毛とは違い、
痛みも少なく、傷跡もほとんど目立たないMIRAI法は、 非常に身体に優しい自毛植毛法なのです。


国内最小0.63mmの移植ホールで高密度植毛

親和クリニック名古屋院で、MIRAI法を提供する際に利用する医療機器は、
国内最小クラスの内径0.63mmの特別製マイクロパンチブレードです。
この1mmに満たないとても細いブレードですが、「なぜ小さいのか」?
それには多くのメリットがあります。
ブレードが小さいということは、皮膚につく傷跡も小さい傷になります。
傷が小さいということは、痛みが少なく跡も小さく済み、低侵襲な医療を提供できるのです。
また、植毛における1番のメリットが、高密度植毛が行えることです。
日本人の毛髪の平均密度は1㎠あたり平均で200本弱と言われています。
ところが一般的な自毛植毛の密度は、1㎠あたり30グラフト(60-75本)となっており、 植毛した箇所が不自然になっています。 自毛植毛をした際の「思っていたのとは違う」といった、マイナス感想はここが原因だと考えられます。

親和クリニック名古屋では、マイクロパンチブレードを使用し、 1㎠あたり100グラフト(200-250本)を実現。 仕上がりは非常に自然で満足感の高いヘアデザインを手に入れることができます。
では、「細い器具をつかっていればいいのか?」・・・いいえ、違います。
このマイクロパンチブレードにはデメリットがあります。
それは、手術を行う為に高度な技術が必要になることです。
なぜ良いとされるマイクロパンチブレードを、すべてのクリニックで導入しないのか?
その疑問は、このデメリットからうかがえるかと思います。
例え、同じ内径の細い器具を使って植毛をしているクリニックがあったとしても、
ドクターの練度によって、患者様の満足度は変わってきてしまいます。

親和クリニック名古屋では、患者様の満足いただける自毛植毛を提供できます。

親和クリニックの総院長は、個人での症例数が3,000例超えと、
国内屈指の自毛植毛の症例数を持っている音田正光医師です。
FUE手術というメスを使わない自毛植毛術式に関する論文を
日本で先駆けて執筆し、この分野ではまさにパイオニアといえる存在です。
その技術力は高く、世界水準のはるか上をいきます。

1時間当たりの移植グラフト数
世界平均/600-800グラフト
音田医師/平均1,800グラフト

音田医師がおこなった1回の手術での最大移植数は5,000グラフト(毛髪約13,000本)。
この音田医師の技術を学ぼうと、世界から医師たちが研修に訪れています。
その中で、音田医師が直接指導し、技術を磨いたドクター陣が
親和クリニック名古屋にはいます。
音田医師の指導の元、技術の研鑽をはかり、医師だけでなく看護師をはじめ
全てのクリニックスタッフは高いレベルの知識と技術を備えています。
技術力はもちろんですが、移植スピードも同じです。
移植スピードが速いということは、移植毛の鮮度の高いまま移植できるということになり、
高い生着率へと繋がります。
そして手術時間が早いという事は、なによりも患者さまの身体にかかる負荷が軽くなるという、
最大のメリットにも繋がっています。
速さと技術力を兼ね備えた医師が、親和クリニック名古屋には居ます。

安さやメディア情報に踊らされ、選び間違えてしまう方が増えています。
安いといっても、何度も受けるには高額の自毛植毛手術。
どうか、しっかり吟味してクリニックを選んでください。

満足度で選ぶなら、親和クリニック名古屋院のMIRAI法

MIRAI法とその他の植毛法との比較

大分類 自毛植毛 人工毛植毛
中分類 FUE FUE FUSS FUSS
小分類 MIRAI法 従来のFUE植毛 ストリップ チョイ式 人工毛植毛
メスの使用 メスを使用しない メスを使用しない メスを使用する メスを使用し、さらに注射器 人工毛を使用する
手術中の痛み 部分麻酔はもちろんのこと、麻酔認定医による管理体制のもと、全身麻酔での手術が可能 部分麻酔 麻酔方法による 移植毛の採取方法や麻酔方法による 麻酔方法による
術後の痛み 術後の痛みは少ない 術後の痛みは比較的少ない 後頭部の痛みやツッパリ感はやや強く、長期に続く場合がある 後頭部の痛みやツッパリ感はやや強く、長期に続く場合がある 皮膚の炎症による痛みが継続する場合がある
生着率 90〜95%以上 80~95%以上 80~95%以上 不明 人工毛のため生着しない
メンテナンス 自分の毛なのでメンテナンスは不要 自分の毛なのでメンテナンスは不要 不要 不要 定期的に植え替えが必要
費用 非常に微細な作業が多いため少し高め 微細な作業が多いため少し高め 微細な作業が多いため少し高め 微細な作業が多いため少し高め 繰り返しの手術により結果的に高額

優しい医療とサービス

優しい医療を心掛けている親和クリニック名古屋では、
「手術をしたら終わり」というメニューは提供していません。

親和クリニック名古屋には、
医師、看護師などの医療スタッフ以外に、専任の美容師が常駐しています。

自毛植毛手術を受けた後、患者様を襲うのは「痛み」ではなく「かゆみ」です。
この「かゆみ」を少しでも減らし、術後の頭皮の状態も最適に保つため、
手術をした後のアフターサポートの1つとして、洗髪サービスを行っております。

専門の美容師が、手術の翌日丁寧に髪と頭皮を洗います。
洗髪をすることで、カサブタが出来にくくなる作用があり、
術後の傷の治りが非常に早くなる効果があります。

この自毛植毛クリニックで行われる専属美容師の洗髪は、
親和クリニックが日本で初めて提供を開始しました。

まだほとんどのクリニックでは、このようなサービスをおこなっていませんが、
患者さまのための優しい医療の提供のために、
親和クリニック名古屋では、悩みや疑問、不安に寄り添い、
患者様の目線にたった医療を今後も提供してまいります。

まずはお気軽にご相談ください

薄毛の悩みはとてもデリケートです。

親和クリニックでは、患者様一人ひとりの気持ちをくみ取り、親身になって治療いたします。

患者様にあった治療を提供しているので、時には植毛手術ではない、別の最善案をご提案させていただく場合もございます。
決して手術を強制するようなことはいたしません。

メールご相談も、匿名でも受け付けております。

一人で悩まず、ぜひ一度ご相談ください。

無料カウンセリング予約無料メール相談