0120-

自毛植毛FUSSとは

親和クリニック名古屋のストリップ法

ストリップ法とは、自毛植毛手術において最もスタンダードな手法です。
この術式は、メスを使いドナー部分を皮膚ごと採取し、その後にグラフト単位に株分けし植毛するものです。
親和クリニックでは、痛みと腫れの少ないメスを使わない術式で有名ですが、
患者さまの希望や状態に合わせ、メスを利用したFUSS式の手術もご提供しております。

自毛植毛FUSSの特徴

自毛植毛FUSSとは

自毛植毛を提供する多くのクリニックで行われている術式が、ストリップ法です。
これはメスを使い、ドナーとなる部分を帯状に毛根を頭皮ごと切除します。
その薄く切除した皮膚を、顕微鏡とメスを使い、毛束(グラフト)ごとに株分けします。
切除するドナーの範囲は、植毛するグラフト数により変わりますが、
一般的に縦に1cm程度、横幅で10~20cmとされています。
採取場所は、薄毛の影響が出にくい健康な毛髪が生えている後頭部から採取します。
皮膚を切り取った箇所は、縫合手術を致します。手術後は、皮膚のつっぱり感や痛みが出てきます。

比較的難易度の低いこの術式は、ドクターの腕の差が良く出る方法となっています。 差が出るのは、主に移植後の生えそろった後です。
移植する毛の太さや、1株から生えている毛髪の本数や、植込み位置に角度など。 生えた後にどうなるか?その違いがドクターの腕で変わります。
確かに頭部に毛は移植でき、きちんと生えた。
しかし、欲しかった薄毛がうまくカバーできているのか?不自然な生え方じゃないか?など、 生えた後の毛髪の状態が、執刀医の経験値で変わります。

熟練のドクターが生み出す、限りなく自然な仕上がり

親和クリニック名古屋が行うFUSSは、 他クリニックが提供しているFUSSとは「移植密度」が違います。
移植密度が高いということは、 元々生えていた毛の部分との差が少ないということです。

日本人の頭髪の平均密度は、1㎠あたり200本弱と言われています。
しかし、一般的な自毛植毛クリニックの植毛密度は、 1㎠あたり30グラフト(60~75本)と、
元々生えていた毛との差が生まれています。
つまり、せっかく移植した箇所であっても 満足いく結果を得られないかもしれないのです。

親和クリニック名古屋では、密度をおろそかにいたしません。
使う器具にもこだわり、国内最細クラスの特別製の器具を使用し、移植ホールを作成しています。
細い器具を使うには、熟練の技術が必要になります。

高い技術力を持つドクターにより、 植毛密度1㎠あたり100グラフト(200~250本)の高密度移植を行っています。
つまり、他クリニックの3倍以上の密度で移植することが可能です。

元々生えていた毛との差も出ず、将来を見据えた植毛デザインをしておりますので、
生えそろった後、とても自然なヘアスタイルが出来上がります。

優しい医療とサービス

優しい医療を心掛けている親和クリニック名古屋では、
「手術をしたら終わり」というメニューは提供していません。

親和クリニック名古屋には、
医師、看護師などの医療スタッフ以外に、専任の美容師が常駐しています。

自毛植毛手術を受けた後、患者様を襲うのは「痛み」ではなく「かゆみ」です。
この「かゆみ」を少しでも減らし、術後の頭皮の状態も最適に保つため、
手術をした後のアフターサポートの1つとして、洗髪サービスを行っております。

専門の美容師が、手術の翌日丁寧に髪と頭皮を洗います。
洗髪をすることで、カサブタが出来にくくなる作用があり、
術後の傷の治りが非常に早くなる効果があります。

この自毛植毛クリニックで行われる専属美容師の洗髪は、
親和クリニックが日本で初めて提供を開始しました。

まだほとんどのクリニックでは、このようなサービスをおこなっていませんが、
患者さまのための優しい医療の提供のために、
親和クリニック名古屋では、悩みや疑問、不安に寄り添い、
患者様の目線にたった医療を今後も提供してまいります。

MIRAI法とその他の植毛法との比較

治療の推奨度 治療内容
A 強く勧められる ミノキシジル外用(男性5%、女性1%)
フィナステリド内服(男性)
B 勧められる 自毛植毛
C1 考慮しても良いが、十分な根拠がない 塩化カルプニウムの外用
医薬部外品・化粧品の育毛剤の外用
(t-フラパノン、アデノシン他2種類)
C2 根拠がないので、勧められない 医薬部外品・化粧品の育毛剤の外用(セファラチン)
D 行わないように勧められる 人工毛植毛
フィナステリド内服(女性)

自毛植毛は、日本皮膚科学会発行の『男性型脱毛症ガイドライン( 2010年版)』で、治療の評価が「B:行うように勧められる」という高評価判定をもらっている、エビデンスがしっかりした医療行為です。

最高評価「A:行うよう強く勧められる」の評価を受けている、内服薬の「フィナステリド」、外用薬の「ミノキシジル」は、現状維持効果に効果的です。
これは、服用をし続ける必要があります。
これらの薬では、「維持」が主であり「発毛」の観点でいうと効果は期待できません。

親和クリニックでは、毛根や頭皮の状態を見て、患者さまにあった施術を行っておりますが、自毛植毛であれば、薄毛の気になる箇所へ直接毛根を植えるので、根本的な改善治療となります。
また、内服薬・外用薬は服用し続ける必要がありますが、自毛植毛手術は1度の施術で終了し、メンテナンスは不要です。

MIRAI法とその他の植毛法との比較

大分類 自毛植毛 人工毛植毛
中分類 FUE FUE FUSS FUSS
小分類 MIRAI法 従来のFUE植毛 ストリップ チョイ式 人工毛植毛
メスの使用 メスを使用しない メスを使用しない メスを使用する メスを使用し、さらに注射器 人工毛を使用する
手術中の痛み 部分麻酔はもちろんのこと、麻酔認定医による管理体制のもと、全身麻酔での手術が可能 部分麻酔 麻酔方法による 移植毛の採取方法や麻酔方法による 麻酔方法による
術後の痛み 術後の痛みは少ない 術後の痛みは比較的少ない 後頭部の痛みやツッパリ感はやや強く、長期に続く場合がある 後頭部の痛みやツッパリ感はやや強く、長期に続く場合がある 皮膚の炎症による痛みが継続する場合がある
生着率 90〜95%以上 80~95%以上 80~95%以上 不明 人工毛のため生着しない
メンテナンス 自分の毛なのでメンテナンスは不要 自分の毛なのでメンテナンスは不要 不要 不要 定期的に植え替えが必要
費用 非常に微細な作業が多いため少し高め 微細な作業が多いため少し高め 微細な作業が多いため少し高め 微細な作業が多いため少し高め 繰り返しの手術により結果的に高額

まずはお気軽にご相談ください

薄毛の悩みはとてもデリケートです。

親和クリニックでは、患者様一人ひとりの気持ちをくみ取り、親身になって治療いたします。

患者様にあった治療を提供しているので、時には植毛手術ではない、別の最善案をご提案させていただく場合もございます。
決して手術を強制するようなことはいたしません。

メールご相談も、匿名でも受け付けております。

一人で悩まず、ぜひ一度ご相談ください。

無料カウンセリング予約無料メール相談